待機中の食品を適温にする装置 食品鮮度維持装置 クーリングスポットα

製品案内冷却システム

食品鮮度維持装置
「クーリングスポットα」(特許出願中)

バッチ式低温HACCP関連冷凍機内蔵型

食品工場では、品質の温度が上がらないように室温を低くしています。昨今、品質の安全安心の為に、より低温が求められています。

待機中の食品を適温にする装置

クーリングスポットα

参考温度について
装置の周囲温度、作業内容、前工程の品物の温度、作業人数等条件により冷却温度は異なります。
お客様のご利用環境によりますのでご検討の際にはデモ機貸し出しによる実験を推奨しております。

メリット

温度上昇抑制・製品乾燥を防ぐ

独自の5面冷却機能採用

  • 壁面冷却方式で合理的な冷却
  • 特殊設計により熱効率確保
  • 無風冷却による製品の乾燥を防ぐ
清掃が容易

排水機能付きで流水清掃が可能

  • 槽内はシンプル構造で清掃が容易
  • 排水機能付きで流水清掃が可能
  • キャスター付きのため、機器の下の清掃も容易

特徴

  • 特徴 その1.

    槽内の壁面から冷却する無風冷却方式。
    無風冷却方式により製品が乾燥しにくく、製品の温度上昇を抑制し品質維持が可能。

  • 特徴 その2.

    局所冷却のため、室温を下げる必要がなく作業者の負担が少ない。

  • 特徴 その3.

    電源コンセント差し込みだけで工事不要。

  • 特徴 その4.

    キャスターが付いているので、使用する場所に移動させるのが容易。

  • 特徴 その5.

    凸凹がない槽内シンプル構造で、拭き取り掃除がしやすく流水掃除も可能。

配置イメージ案

食品工場でのトッピングラインへ導入の場合

配置イメージ案

仕様

寸法図

外形寸法 W×D×H(mm) 816×731×1,100
槽寸法 W×D×H(mm) 700×442×315
電源 単相 100V / 三相 200V ※選択可
冷凍機出力 400W

※仕様は予告なく変更する可能性があります。

用途

  • 食品工場でのトッピング品(野菜・精肉・魚介類等)温度上昇抑制
  • テストキッチン・実験室などで、製品温度上昇抑制
  • その他、スポット的に温度上昇を抑制させたい場合
冷却・冷凍 実機を使ったサンプルテスト 実験承ります 例:冷却能力テスト 詳しくはコチラ

カタログダウンロード

クリックするとカタログPDFご覧いただけます。

図面ダウンロード(会員専用)

会員専用データをご覧頂くにはログインが必要です。

※ID(ユーザー名)とパスワードをお忘れの方は「会員登録」より再登録をお願いします。

【図面について】
掲載するすべての図面は参考図面です。お客様の設備内容毎に図面内容は異なります。型式や寸法や配置場所、寸法は実際とは異なる場合がございます。予めご了承下さい。

関連製品

Page Top