ホットパック方式にぴったりの過熱殺菌槽。高温殺菌で菌の繁殖を防ぎます。

製品案内加熱システム

浮上装置付加熱水槽

バッチ式浮上装置付き高温HACCP関連

ひやっ子シリーズの加熱用として開発されました。
加熱槽に投入された製品を、安全かつ効率的に取り出すことができます。蒸気を使用し、水温を上昇させ、ご要望によってはヒーティングコイルを利用し、安定した温度管理が実現できます。チラーユニットと組み合わせることで、1槽で加熱と冷却を切り換えて運転する事が可能です。また、加熱槽と ひやっ子 を併列する事で連続した運転も可能です。

パック入り食品(惣菜、豆腐、漬物など)を高精度なボイル温度管理ができ低温調理には最適です。

独自の制御方法で高精度の熱湯温度管理が可能に!浮上装置付加熱水槽

※写真の装置は加熱槽2槽を冷却と切り換えて運転する方式です。

メリット

菌数管理に効果あり!

ボイル殺菌で熱処理を行い、製品管理(菌数管理)に役立ちます。

殺菌熱処理

特長

  • 特長 その1.

    安全・効率的作業

    槽内に浮上装置が備え付けられており、火傷のリスクを減らし、作業の効率化を実現することができます。
    (投入物を作業のしやすい高さまで浮上させることが可能ですが、品物や槽内は高温な為ご注意ください。)

  • 特長 その2.

    簡単なスイッチのON、OFF操作

    ご要望に合わせたシステム設計

    加熱方式(蒸気式・ヒーター式)の選択や水槽の大きさ・高さなど細かなご要望にお応えいたします。
    また、加熱温度、加熱時間など制御設計からご対応いたします。

  • 特長 その3.

    浮上装置付き

    省スペース設計

    浮上装置機構が水槽内で完結しており、設置スペースを大きくご用意できないお客様でも設置できる可能性がございます。

  • 特長 その4.

    ボイル・クール槽 1槽2役 ボイル・クール槽 1槽2役

    ボイル・クール槽 1槽2役!

    チラーユニットと組み合わせることで、加熱・冷却工程を1槽で完結することができ、加熱処理後、冷却工程へ製品を搬送させる手間を省きます。加熱槽と冷却槽の併列使用も可能です。

仕組み

ひやっ子シリーズの仕組み

仕様

外形寸法 W×D×H (mm) 1515×1036×900
内径寸法 W×D×H (mm) 有効 1020×920×480
熱源 蒸気/ヒーター
対応荷重 (kg) 100

※上記の仕様は改良により予告なく変更する場合があります。
※お客様のご要望に合わせて設計致します。

冷却・冷凍 実機を使ったサンプルテスト 実験承ります 例:冷却能力テスト 詳しくはコチラ

導入事例

事例1海産物加工会社

新潟県 K社様
加熱・冷却兼用水槽としてご利用いただいております。
HACCPの観点から熱処理は重要管理点(CCP)とされています。殺菌温度と時間を連続的に監視しています。

  • 海産物加工会社
  • 海産物加工会社

事例2有限会社サンラック様(山梨県)

KEOSマシナリーのひやっ子は冷却槽として2018年に1槽を導入しました。

この度新工場を立ち上げるにあたり、ボイル用加熱槽と冷却槽のひやっ子を組み合わせる事で低温殺菌の効率化が図れると考え 、ボイル槽とひやっ子を新たに追加導入しました。

ボイル槽から冷却槽にコンテナを移動する際に、火傷の危険や重量、作業の手間を考えスライド移動用のトレーを設置する事で、作業者の負担を軽減させることができました。

また、冷却槽が1槽だと90℃の製品を15℃以下まで冷却するのに3時間かかっていましたが、ひやっ子を2槽使用し、1次冷却2次冷却と続けて冷却する事で今までの半分以下の時短となり生産量が安定するようになりました。

  • 加熱・冷却槽外観

    加熱・冷却槽 外観

  • お客様の声より、ボイル槽から冷却槽への移動用トレーを設置

    お客様の声より、ボイル槽から冷却槽への移動用トレーを設置

  • 浮上装置付き冷却槽外観

    浮上装置付き冷却槽 外観(1次冷却と2次冷却用の水槽)

  • 浮上装置付き加熱槽外観

    浮上装置付き加熱槽 外観

御社に最適なプランをご提案します。

ご要望に合わせたレイアウト、能力を設計します。生産量や温度条件などをご指示ください。

電話お問合せ電話お問合せご相談・お問合せ

関連製品

Page Top